株主優待券の賢い手に入れ方

Monorail in Sydney's Darling Harbour航空チケットの株主優待券は、大体どこも基本のサービスとして航空チケットを50%値引きで購入することができるというものが付いています。
それはANAでもJALでも同じことなのですが、航空チケットの値段などと照らし合わせながらどちらを選ぶかで値段はもちろん割引の率も変わってきます。
もう一つは、自分で株主優待券を配当してもらってから使うのならばいいのですが、ネットショップや株主優待券買取りを行っている金券ショップで株主優待券を購入して使う場合は、株主優待券自体の値段も考慮しなくてはいけません。
折角半額の値引きがあるのにもかかわらず、株主優待券の値段が航空チケットの値段の半額を上回るのであれば、割高になってしまって結局損をしてしまうことになりかねませんからね。
基本的に、株主優待券は発行してから一年間が使用期間になりますので一年以内に航空機に乗る予定がない人なんかが株主優待券を金券ショップやインターネットのチケットショップに出品するわけなのですが、株主優待券の発行日や有効期限の長さによって値段が上下します。
ほかにも、ネットオークションなどで株主優待券を出品しているところも結構あるのですが、この場合は購入するときに気をつけなくてはいけません。
オークションは、値段が一律ではありませんので希望の値段で競りをしてもほかの人がより高額で落札してしまうこともありますからね。
緊急の場合なんかは、必ず手に入る保証もないので余裕を持って落札するか最終締切が近いものを狙うかなどして確実に落札する方向で購入しなくてはいけません。
Jagged Iceそして、ほかの人が値段を上げすぎているような株主優待券もまた避けたほうがいいでしょう。
オークションは、最初の出品額が安ければふつうに購入するよりも安く済むことがあるのですが、人気が高く注目度が高いものはみんながせって落札しようとするので値段の高騰もありえるんですよね。
注目されているようなものは避け、それほど猶予がないけど値段が安いままのものを狙うとより安く手に入れることができるかと思います。
実際、まったく同じものなはずなのに値段が4000円近く離れているようなこともあったりしますのでどうせならば安いほうを購入したほうがいいですよね。
株主優待券なんて同じ会社のものであれば、もらえる恩恵も同じなのですから安いものを買わない理由はないはずです。
オークションでもネットショップでも、賢く立ち回ってより安上がりになるようにしましょう。

what's new

2015/07/29
株主優待券の賢い手に入れ方の記述変更
2014/04/07
海外旅行にこそ使いやすいJTB旅行券を新規追加
2014/04/07
青春18切符の有効期間を新規追加
2014/04/07
親しくない人への贈り物の記述変更
2014/04/07
航空券は安く買おうを新規追加
2014/04/07
ハウステンボスの入場テクニックを新規追加
2014/04/07
運営情報を新規追加
2014/04/07
コンタクトフォームを新規追加